会社の経営が著しいならsfaを導入するべき

企業にとって最も重要な事

男女

ITの業界・業種によってそこに集まってくる人の好みや性格は違います。まずは社内のメンバー一人ひとりとしっかり話し合い、仕事をする上で何がモチベーションに繋がるのか、仕事を通じてどんな将来を手に入れたいのかを細かく把握した上で、報酬や福利厚生を決めていくのが最も適した方法と言えるかも知れません。

もっと読む

時間を有効活用

IT

うまくスケジュールソフトを使うことで、作業効率が上がることもあるのでとても人気が高いです。いろいろな企業が参入しているので、使い勝手が良いかどうか、機能をよく見て自分たちの企業に合っているかを考えて選びましょう。

もっと読む

SFAを会社に導入する

システム

SFAを使うと変化する

ビジネスではsfaと呼ばれる言葉があります。これはセールスフォーオートメーションを略したもので営業の分野で活躍するものです。会社に導入すると営業活動がスムーズにできるので売上アップや問題点改善に役に立つツールになります。普通営業をしていると個人のみで顧客の情報を利用するため会社全体に伝わりにくくなるのです。しかしsfaを採用することによって見込み顧客の情報を会社全体で閲覧できるうえに管理も可能になっています。今行っている案件がどこまで進んでいるのかも確認できるため今のビジネスにおいて重要な要素と言えるでしょう。案件の履歴も確認可能なのでどういう進行状況になったのかも見れます。sfaを使って快適な営業をすると良いです。

クラウドSFAは人気

近年のITはクラウド化が進んでいてsfaもクラウド運営できるサービスがあります。こちらは特に人気のあるものでソフトをインストールする必要がなくすぐに利用可能です。インターネットできる環境が整っているのなら誰でも利用できるため使い勝手は良いといえるでしょう。オンプレミス型のものだとパッケージソフトを購入したいといけません。初期費用が結構掛かるのですがクラウド型だと月額料金制で初期コストが非常に安いです。またバージョンアップも自動で行ってくれるためいつも最新バージョンのソフトウェアが使えるメリットもあります。使用するユーザー数によって値段が変動するシステムです。これにより小さな会社で低予算で導入できます。

社員への情報伝達

メンズ

個人でもスマートフォンを使いこなす人が増え、離れた場所にいる人との間でも情報伝達がスピーディになりました。プッシュ通知機能を備えたグループウェアや社内SNSを導入すれば、社員のスマートフォンへの新着情報通知により迅速な情報伝達が企業でも可能となります。

もっと読む