社員への情報伝達|会社の経営が著しいならsfaを導入するべき

会社の経営が著しいならsfaを導入するべき

社員への情報伝達

メンズ

スマートフォンの業務活用

SNSなどのサービスを利用した迅速な情報伝達は、災害発生時などさまざまな局面で威力を発揮しています。個人の間でもスマートフォンが急速に普及したことで、離れた場所にいる相手と瞬時に情報のやり取りをすることが可能となりました。業務にもスマートフォンを導入している企業が増えており、グループウェアや社内SNSといったサービスを使いこなすことによって社員間の情報伝達が迅速化します。スマートフォンで情報交換を行う場合には、SNSやメール・チャットといったアプリを利用することが必要です。そうしたアプリを起動していない場合でも、スマートフォンにはプッシュ通知と呼ばれる機能が実装されています。プッシュ通知を通じて新着情報が知らされるため、社員は外出先にいても会社からの重要な情報を即座に確認することができるのです。グループウェアや社内SNSといったITソリューションは、社員同士の交流を活性化させるためのツールとして多くの企業が導入しています。現在ではスマートフォンでも利用できる製品が主流となっており、社員が端末を常に携帯することでいつどこにいてもグループウェア等を通じた情報交流が可能なのです。

通知機能で情報を迅速伝達

さまざまな業務の中では、特定の社員に対してメッセージを伝えたいという状況も考えられます。会議や商談など相手の置かれた状況によっては、音声通話で要件を伝えるのが難しい場合も少なくありません。そのような事例でもグループウェアや社内SNSのプッシュ通知機能を上手に活用すれば、緊急のメッセージを特定の社員に知らせることができるのです。企業によっては地理的に離れた複数拠点を展開している例も多く、異なる支社や支店にいる特定の社員に連絡する必要性が生じる場合もあります。かつてはそうした業務連絡をすべて電話で済ませていた時代もありましたが、連絡の内容によっては音声通話で伝えるのが困難なケースもあります。FAXやEメールを介した連絡手段が中心だった時代を経て、現在はスマートフォンによるグループウェアや社内SNSへと情報伝達のあり方も変わってきているのです。プッシュ通知を備えたグループウェアや社内SNSをフル活用することにより、業務のスピードは大きく向上します。PCやFAX・固定電話といったOA機器の縛りから解放され、外出先の社員にも情報を迅速に伝えられるスマートフォンがビジネスの主役となっているのです。