企業にとって最も重要な事|会社の経営が著しいならsfaを導入するべき

会社の経営が著しいならsfaを導入するべき

企業にとって最も重要な事

男女

労働環境の変化

ダニエル・ピンク氏の新装版「フリーエージェント社会の到来」の大ヒットが象徴するように、ここ日本でも終身雇用の時代が終焉を迎えてしばらく経ちますが、いつの時代も会社組織にとって一番の課題は「社員のモチベーションをいかに保つか」という事ではないでしょうか。バブル期のように働けば働くほど稼げるという社会情勢が最大のモチベーションとなった時代とは大きく状況が異なるため、ある意味、働く側にとっても日々のモチベーションを持続させる事が難しい時代とも言えます。この先、日本国内において高齢化による労働人口のさらなる減少は避けられません。だからこそ今後、経営者の皆さん、そして社内のメンバーをマネジメントする立場にある管理職の皆さんにとって、自社の優秀な人材を育て、モチベーションを維持し、他社へ逃がさないよう手を施す事が何より重要なミッションである事は間違いないでしょう。

報酬=やる気ではない

いま社内で若手と呼ばれる層や、これから入社してくる新入社員にあたる20代の若者をミレニアム世代と言います。このミレニアム世代と呼ばれる今の若者たちの考え方は、お金、地位や名誉よりも、趣味や余暇を楽しむ「ゆとり」を優先する傾向にあると言えます。つまり、一昔前のように高い報酬さえ提示すれば自然と優秀な人材が集まり、社内のメンバーが常に高いモチベーションを保ち切磋琢磨し合ってくれるとは限らないのです。ではどうすればいいのか。カギは「プラスアルファの報酬」にあるのではないでしょうか。具体的には社内で優秀な成績を残した社員には、インセンティブだけでなく、自由に長期休暇を取得する権利を与えるなど、努力の対価としてミレニアム世代が求めるもの=趣味や旅行を楽しむ「ゆとり」をプレゼントするというのも一つの方法ではないでしょうか。